CHIBAむつざわエナジーがスマートウェルネスタウンにおける 地産池消のエネルギー供給を目指します!

平成29年4月24日

株式会社CHIBAむつざわエナジー

 

 株式会社CHIBAむつざわエナジーおよび千葉県睦沢町、パシフィックパワー株式会社は経済産業省「地産地消型再生可能エネルギー等面的利用等推進事業」の補助採択を受け、平成31年度のオープンに向けて睦沢町が準備を進めている「むつざわスマートウェルネスタウン」でのエネルギー供給事業についての事業計画を策定しました。

 本事業は防災拠点であるスマートウェルネスタウンの防災性向上、低炭素化およびエネルギーコストの削減などを目的にCHIBAむつざわエナジーが実施するものです。周辺地域から採取される全国でも珍しい国産天然ガスを活用して、ガスエンジン発電を行い平常時・非常時の電源とするとともに、発電時に発生する排熱を利用して天然ガス採取後の地下水を加温し温泉利用するという「水溶性天然ガスをムダなく使った“ほぼ”天然温泉」の実現を目指しています。また、スマートウェルネスタウン内の送配電線を自ら保有・運営することで東京電力の送配電線が停電した場合でも自立した運転が可能になることを目指しています。

事業構想図