子どものための手当

児童手当

・支給対象

  中学校卒業まで(15歳に到達後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

   (所得制限あり)

 

・支給額

児童の年齢 児童手当の額(1人当たり月額)
3歳未満 一律15,000円
3歳以上小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円

※児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、月額一律5,000円を支給します。

※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳に到達後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

 

・支給時期

 原則として、毎年6月、10月、2月に、それぞれの前月分までの手当を支給します。

 

・所得制限限度額

扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人 622 833.8
1人 660 875.6
2人 698 917.8
3人 736 960
4人 774 1002.1
5人 812 1042.1

※所得税法に規定する老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる方の限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該老人控除対象配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。

※扶養親族数の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、5人を超えた1人につき38万円(扶養親族等が老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

 

現況届(毎年6月に提出)

 現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。

※提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

 

児童扶養手当

下記の児童(18歳に到達後の最初の3月31日までの間にある児童)を監護している母または養育者に支給されます。
(所得制限あり)

  • 父母が離婚した後、父と一緒に生活をしていない児童
  • 父が死亡した児童(公的年金または遺族補償の支給対象とならないとき)
  • 父が重度の障害(国民年金の障害等級一級程度)にある児童
  • 父の生死が明らかでない児童
  • 父から引き続き1年以上遺棄されている児童
  • 父が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  • 未婚の母の児童

交通遺児の激励金

車両による交通事故で、父・母または養育者が死亡した義務教育修了前の児童を激励し、健全な育成を図るため、見舞金を支給します。

特別児童扶養手当

 

お問合わせ

睦沢町福祉課福祉介護班
0475-44-2504