10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ

~新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について~

10代及び20代の男性では、武田/モデルナ社のワクチンより、ファイザー社のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎の発生頻度が低いことから、1回目に武田/モデルナ社のワクチンの接種を終えていても、希望する場合には2回目をファイザー社のワクチンの接種を受けることが可能となりました。(10代及び20代とは、接種日時点の年齢により判断されます。)

ご本人または、保護者が希望する場合には、武田/モデルナ社ワクチンの接種を受けることもできます。

 

詳しくは厚生労働省発表の資料

「新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について」

新型コロナワクチンQ&A

「ワクチンを接種すると心筋炎や心膜炎になる人がいるの」をご覧ください。

 

10代・20代男性も、引き続きワクチンの接種をご検討ください。

〇新型コロナウイルスに感染した場合にも、心筋炎・心膜炎になることがあります。感染症による心筋炎・心膜炎の頻度と比べると、ワクチン接種後に心筋炎・心膜炎になる頻度は低いことがわかっています。

〇新型コロナワクチンは、発症予防効果などの接種メリットが、副反応などのデメリットより大きいことを確認しておりますが、ワクチン接種はあくまでご本人の意思に基づいて受けていただくものです。ご本人が納得した上で、接種をご判断下さい。