風水害

台風が近づいたら

テレビやラジオの気象情報や台風情報に注意して、早めに対策を立てましょう
●停電に備え、懐中電灯やラジオの用意をしましょう
●大工用具を用意しましょう
●建物を補強しましょう
●非常食や生活用水を用意しましょう

風速と被害

風速
被    害
10m かさが壊れる
15m 取り付けの悪い看板やトタン板が飛ぶ
20m 子供が倒れ、大人も身体を傾けてやっと歩ける
25m 煙突や屋根瓦が飛び、アンテナが倒れる
30m 雨戸がはずれ、しっかりしていない家は倒れる
40m 小石が飛び、列車も倒れる
50m 普通の木造家屋は倒れ、木も棍こそぎ倒れる

大雨の注意報・警報が出たら

●注意報、警報などの気象情報に注意する
●出水したら、畳や貴重品は高い所に移す
●避難する場合は、電気・ガスの元栓を締める

雨の降り方

1時間の雨量
状   況
5~10mm 雨の音がよく聞こえ、たちまち水たまりができる。
l0~20mm 地面一面に水たまりができ、雨音で話も聞こえない
20~30mm 下水があふれだし、小さな河川は氾濫し始める
30mm以上 バケツをひっくり返したような激しい雨