公的個人認証サービス

公的個人認証サービスとは・・・

公的個人認証サービス 今後、いろいろな行政手続が家庭や職場のパソコンのインターネットを通じて申請できるようになる予定です。その際に、他人によるなりすまし申請や通信途 中での改ざんといったことが問題になります。こうした問題を防止するため、インターネットを通じて行政手続をおこなうときは、本人確認の手段として電子証明書を交付いたします。
 電子証明書とは、ICカード(住民基本台帳カード等)に記録し電子申請で利用する電子署名を検証し、本人確認を確実にする役割を果たすものです。
 こうした機能を全国どこに住んでいる人に対しても提供するのが公的個人認証サービスです。

※当面の間、電子証明書を記録できるICカードは住民基本台帳カードだけです。電子証明書の交付を受けられる方はまず住民基本台帳カードの申請を!!

【住民基本台帳カードを交付申請する方はこちら】

電子証明書の交付が受けられる方は・・・

睦沢町に住所を登録している方

電子証明書の交付申請方法は・・・

つぎのものをお持ちになって税務住民課窓口までお越しください。

●本人の場合

  1. 住民基本台帳カード(写真無し又は写真付どちらでも可。)
  2. 申請者本人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、その他官公署が発行する写真付き証明書)
  3. 本人確認書類をお持ちでない場合は申請者ご本人あてに照会書を郵送しますので届いた照会書
  4. 申請時に4桁~16桁以内のパスワードを設定していただきますのでパスワードを考えてきておいて下さい。(使用できるパスワードは数字及びアルファベット)

 

●代理人の場合(事前に住民課までお問合せください。)

  1. 申請者本人の住民基本台帳カード(写真無し又は写真付どちらでも可。)
  2. 申請者本人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、その他官公署が発行する写真付き証明書)
  3. 代理人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、その他官公署が発行する写真付き証明書)
  4. 申請者本人の署名及び実印が押印してある委任状
  5. 委任状に押印した実印の印鑑証明書(3ヶ月以内に取得したもの)
  6. 本人確認及び申請意思確認のため申請者ご本人あてに郵送した照会書


※なお、本人確認の証明書等が期限切れ、転居や婚姻などで住所,氏名などが変更しているにもかかわらずその修正が済んでいないもの、添付されている顔写真が古く本人確認できないものなど本人を確認する書類としては不適当なものは受付できません。

 

電子証明書発行手数料は・・・

手数料は500円です。

電子証明書の有効期間は・・・

電子証明書が発行された日から起算して3年間
 なお、失効申請書を提出した場合や、転居や婚姻等で住民基本台帳の氏名・生年月日・男女の別・住所のいずれかの項目が修正された場合などには、有効期間中でも電子証明書は失効してしまいます。失効した場合は、再度、交付申請をやり直す必要があります。

電子申請の対象は・・・

 今後、厚生労働省関係の手続きや電子申告など国税庁の関係の手続き、パスポート申請手続きで使うことができるようになる予定です。

◎平成16年2月2日~(東海4県) :国税電子申告(国税庁)
◎時 期 調 整 中 :社会保険関係申請・届出(厚生労働省)
◎平成18年1月予定(千葉県) :パスポート申請(外務省)

 

平成16年度以降
 6月より国税の電子申告・納税が全国に拡大されるほか、国の機関の各手続・各地方公共団体の手続きが順次追加される見込みです。

お問合わせ

睦沢町税務住民課
電話:0475-44-2503(直通)