実質化された人・農地プランの公表について

1.実質化された人・農地プランとは

 地域での話し合いに基づき、地域の農業の中心的な役割を担う(中心経営体)や地域農業のあり方を明確にするものであり、全国で作成が進められています。農業の現場では中心経営体の減少、高齢化の進行、鳥獣害の増加等の問題が大きくなっています。よって、新たな中心経営体の確保・育成を進めるとともに中心経営体が効率的に農業を進めていけるように農地の集積・集約化を確実に実施していくことが重要です。このために問題解決に向けて、地域が話し合い、将来方針を取りまとめた「実質化された人・農地プラン」の策定が求められています。

2.実質化された人・農地プランの条件とは

(1)アンケートの実施(5~10年後の農地利用に関するアンケート)

(2)地図作成(農業後継者等の情報を視覚化します。)

(3)上記を基に話し合いを行い、将来方針の作成を行う。

3.睦沢町の人・農地プランの実質化について

 睦沢町では町全体の人・農地プランは既に作成されていますが、細分化された地域ごとでは実質化をしている状況ではありません。そこで今回は、実質化の先駆けとして大谷木区の一部のプランの実質化を行いました。また、この地域は令和元年度に広く農地集積を行っているためにアンケートは割愛しており、地図の作成も当時の情報を活用しているものであります。地図等の詳細につきましては、令和3年4月1日より産業建設課窓口にて閲覧が可能ですので、希望される方は窓口までお問合せください。

 大谷木区 人・農地プラン

お問合せ 睦沢町役場 産業建設課産業振興班

TEL:0475-44-2505